SideValve Custom Club

Under ground, SideValve custom club.

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

スペーサー作成 

作業を休んでいる間に、店主がナットを加工してくれていました…!



ブレーキディスクを留める、9.5φのボルト穴に使うナットです。
めちゃ細かい加工です。ありがとうございます~!。・゜・(ノД`)・゜・。





そして、ブレーキディスクを取り付けたリアタイヤにリアアクセルシャフトを通してみましたが、どうやら4mm程合わない様子…。

店主「前に付いてたディスクって、何だったっけ?」

いや、すみません。全く判りません…。

店主「スペーサー作らないとだな~」

UG「はぁ…」

店主「ちょっと難易度上がるけど、やってみるか」

UG「((((;゚Д゚)))))))」


…という事で、ハブとブレーキディスクの間に入れるスペーサーを作成しました!以下、いつものように自己解釈部分を含む自分用手順メモです。



左上の図のようなスペーサーを作ります。
4mmのアルミ板にコンパスで内円・外円を書き、センター・ポンチを中心に打ちます。
ボール盤で、中心にドリル3mmで穴をあけます。(ボール盤初挑戦)


(以下店主作業・難しさを説明しながらやってもらっちゃいました)
コンパスカッター(?)で内円を厚さの半分位まで削ります。アルミ板を裏返して同じように削り、内円をくり抜きます。



くり抜けました。(店主作業ここまで)

一度ディスクの下に固定して、ボルト穴をけがき針でけがきます。
ボルト穴の中心を出して、センター・ポンチで印を打ちます。
再びボール盤でドリル3mmで穴をあけ…たら…


中心から大幅にズレましたヽ(;▽;)ノ
見て明らかにズレている…!と判るレベルにズレました…ヽ(;▽;)ノ


わー!!どうしよう!と思いつつ、仕方ないのでとにかく残りの穴も開けます。
お約束のように、残りの穴もズレました…ヽ(;▽;)ノ
その穴を中心にして、ドリル10mmでボルト穴を開けるのですが…ここで何とかドリルの中心が来る位置を、微調整しながらアルミ板を万力で固定しました。
その甲斐あって、ハブとブレーキディスクの穴と、ピッタリ合うように修正出来ました…!!
まさにビギナーズラック!←

次はコンタマシーン(糸鋸の歯みたいなのが付いている機械・これは使うの三度目)で外円を切り抜きます。



切り抜いたらベルトサンダーで周りを滑らかにして、角のバリを落として完成です。

ハブにスペーサーとブレーキディスクをきっちりと固定します。
リアアクセルシャフトを通します。





あっちもこっちも、スペーサーやワッシャーがたくさん…。



そしてリアタイヤが付きました…!



今日の作業はここまで。
明日はフロントタイヤを付ける予定です。
スポンサーサイト

category: 46U

thread: Harley-Davidon - janre: 車・バイク

tag: ブレーキディスク  スペーサー  ワンオフ 
2012/09/04 Tue. 23:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。