SideValve Custom Club

Under ground, SideValve custom club.

07« 2017 / 03 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

スペーサー作成 

作業を休んでいる間に、店主がナットを加工してくれていました…!



ブレーキディスクを留める、9.5φのボルト穴に使うナットです。
めちゃ細かい加工です。ありがとうございます~!。・゜・(ノД`)・゜・。





そして、ブレーキディスクを取り付けたリアタイヤにリアアクセルシャフトを通してみましたが、どうやら4mm程合わない様子…。

店主「前に付いてたディスクって、何だったっけ?」

いや、すみません。全く判りません…。

店主「スペーサー作らないとだな~」

UG「はぁ…」

店主「ちょっと難易度上がるけど、やってみるか」

UG「((((;゚Д゚)))))))」


…という事で、ハブとブレーキディスクの間に入れるスペーサーを作成しました!以下、いつものように自己解釈部分を含む自分用手順メモです。



左上の図のようなスペーサーを作ります。
4mmのアルミ板にコンパスで内円・外円を書き、センター・ポンチを中心に打ちます。
ボール盤で、中心にドリル3mmで穴をあけます。(ボール盤初挑戦)


(以下店主作業・難しさを説明しながらやってもらっちゃいました)
コンパスカッター(?)で内円を厚さの半分位まで削ります。アルミ板を裏返して同じように削り、内円をくり抜きます。



くり抜けました。(店主作業ここまで)

一度ディスクの下に固定して、ボルト穴をけがき針でけがきます。
ボルト穴の中心を出して、センター・ポンチで印を打ちます。
再びボール盤でドリル3mmで穴をあけ…たら…


中心から大幅にズレましたヽ(;▽;)ノ
見て明らかにズレている…!と判るレベルにズレました…ヽ(;▽;)ノ


わー!!どうしよう!と思いつつ、仕方ないのでとにかく残りの穴も開けます。
お約束のように、残りの穴もズレました…ヽ(;▽;)ノ
その穴を中心にして、ドリル10mmでボルト穴を開けるのですが…ここで何とかドリルの中心が来る位置を、微調整しながらアルミ板を万力で固定しました。
その甲斐あって、ハブとブレーキディスクの穴と、ピッタリ合うように修正出来ました…!!
まさにビギナーズラック!←

次はコンタマシーン(糸鋸の歯みたいなのが付いている機械・これは使うの三度目)で外円を切り抜きます。



切り抜いたらベルトサンダーで周りを滑らかにして、角のバリを落として完成です。

ハブにスペーサーとブレーキディスクをきっちりと固定します。
リアアクセルシャフトを通します。





あっちもこっちも、スペーサーやワッシャーがたくさん…。



そしてリアタイヤが付きました…!



今日の作業はここまで。
明日はフロントタイヤを付ける予定です。
スポンサーサイト

category: 46U

thread: Harley-Davidon - janre: 車・バイク

tag: ブレーキディスク  スペーサー  ワンオフ 
2012/09/04 Tue. 23:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

スプロケットとブレーキディスク 

ひとまず、リアのチューブは置いておくようで…本日はスプロケとブレーキディスクらへんです。




デッドストックのフロント用のブレーキディスクを、リアに流用するそうです。



こっちはスプロケ。49丁です。


本日は、ほぼ店主作業です。(いきなり素人がやって、失敗して部品ダメにする訳にもいかないので)
何から何までやってもらって、本当に申し訳ない…(>_<)

まず、ハブのボルト穴とスプロケ・ディスクのボルト穴の径・ボルト径がバラバラなので、ドリルで調整してもらいました。



ボール盤で、ディスクの穴を8φ→10φに拡張。



の前に、ドリル研ぎから。
なんか手間暇かかってしまってます…(-。-;


以下、ディスクのボール盤作業~取り付け自分用メモ。
次は自分でやりたい…!←

ディスクの穴にドリルを合わせて、ディスクを万力?で固定します。
タッピングコンパウンドをスプレーして、ゆっくりドリルを落として穴を拡張します。
エアでコンパウンドを飛ばし、パーツクリーナーで綺麗にします。

エアドリルで、ハブ側のボルト穴も拡張。
取り付けはシールナットなら、ワッシャーはいらないそうです。
スプロケ付属のボルトナット類は、たまにハズレがあるので、ナットを締め始めて途中でガツッと動かなくなるようだったら、それ以上無理に締めない事。

スプロケのボルトは、力の限り締める!
確実に締めておかないと、緩んできてボルトが折れる事もあるそうです。
ボックスレンチ+レンチで締めるとやり易い。
ボルト締めだけ、自分でやりました(^_^;)


そしてブレーキディスク。
デッドストック流用なので、ハブのシャフト穴(ハブの中心)とディスクの穴の大きさが合いません…。
スペーサーを作るか…?!という話が出たところで、本日の作業はここまで。



今日の感想。
何か一つの作業をするために、準備とか調整とかいう名の、たくさんの別の作業工程が必要な場合って結構あるんだなぁ…と、人の作業を見て改めて思いました(^_^;)

スプロケもブレーキディスクも、ボルトオンじゃ付かないんだね~。

category: 46U

thread: Harley-Davidon - janre: 車・バイク

tag: ブレーキディスク  スプロケット 
2012/08/21 Tue. 23:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

リム周りとか 

昨日に引き続き、リムの表面にサンドペーパーとかをかけます。

ピカピカ部分が残らないように、スポークの穴の周りも丁寧に荒らすように言われたので、かなり時間をかけてサンド掛けしました。



リアのリムは、ガレージのデッドストックのを使っていいそうです!(((o(*゚▽゚*)o)))
ありがとうございます~♪♪

そんな訳で、フロントもリアもサンド掛け終わりました。
次は、再塗装を言い渡されたオイルタンクと共に、ツヤあり黒に塗装します(>_<)




そして別のリアリムから、まずはブレーキディスクを外します。
…ボルトがめっちゃ固いです(´Д` )

次に、スプロケを外します。
…が、固すぎてボルトが外れません…ヽ(;▽;)ノ


いくら非力とはいえ…真剣に全力で回してるのですが、ボックスレンチではビクともせず…。
エアツールのインパクトレンチを借りて、やっと外す事が出来ました!
っていうか、インパクトレンチで一発でしたよ!

インパクトレンチぱねぇ…



右下のがインパクトレンチ。カッコいい。←相当気に入ったらしい



そして、ブレーキディスクもスプロケも外れました!


本日の作業はここまで~。
次は多分、まとめて塗装です~。

category: 46U

thread: Harley-Davidon - janre: 車・バイク

tag: リアホイール  リム  スプロケット  ブレーキディスク 
2012/08/08 Wed. 21:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。